食欲の秋の驚くべき正体とは!


皆様、こんにちは♪

まだまだ暑い日が続いておりますが

健康に過ごしておりますか?


今日は食欲の秋について

DNAから語ってみたいと思います♪


秋になると、

肌寒くなりますよね。


この時に人間は

ぶるぶる震えるのです。


これを震え熱産生と言います。


この震えるときに

エネルギーを使うので、

食欲が増すと言われているのです。


しか~~~~し


この震え熱産生をしても

エネルギーとしてなかなか使えない遺伝子さんがいるのです。



それが、

β3AR・・・・

そう私の遺伝子です。



そして食欲の秋にもっともお腹がすくのは

β2AR遺伝子なわけです。



なぜ?

とちゃんと理解したい方は

StFlairDNA栄養学スクールへGOです♪

http://dna-extreme.co.jp/dna-school/



StFlairは理論からしっかり学べるスクールなのです


左近明子の講義を聞きたい方は

こちらからお申込みください。

https://www.secure-cloud.jp/sf/business/1543936161SFUCLggf



ではご参加お待ちしております♪


128回の閲覧